時計の種類

今嵌っているものの中に時計があります。特に物凄く高級な時計を買っている訳ではなく珍しい形で気に入ったものを集めています。最近買ったのは川のバングル型の腕時計と小型の懐中時計、それからリング型の時計です。中学に入学するときに買って貰った電波式のデジタル時計はなんと行っても一番正確なので、よく使っていますね。

 

時計に興味を持ち始めたのは、中学2年生の終わりに海外旅行をすることになってからです。今まで使っていた電波式が海外では使えないかもしれないと、普通のネジで時間を調整するタイプを買いました。飛行機が着陸する少し前に表示される現地時間に合わせるのは新鮮でしたが、気になっていた電波時計が現地についてもしつこく日本時間を表示しているのには正直驚きました。

 

今までは腕時計の話でしたが、実は置時計もたくさん所有していました。何故過去形なのかというと、大学進学と同時に家族で東京に引っ越し、その際に時計のほとんどをリサイクルに出してしまったからです。もちろん思い入れがあったものが多かったのですが、置時計や壁時計の大部分が巨大でアパートには不適切なものばかり。10年以上お世話になったことだし、と納得の上での処分でした。

 

そのあと引っ越したアパートには小さなラジオつき電波時計と家族がそれぞれ持つ目覚まし時計が数個という状態です。壁時計は壁を傷つけてしまわないか不安でなかなか買えませんが、シールのように貼るタイプなら大丈夫かもしれません。

 

目覚まし時計といえば、最近愛用しているのが枕タイプ。音と微妙な振動で起こしてくれるので、寝起きの悪い私でも無理矢理起こされます。そのため爽やかな朝を迎えるという訳ではありませんが、起きられることは間違いありません。時間差でかつ時計を数メートルずつ話してかけていた私にとっては随分便利なものです。

 

さて、時計の話もこれにて終わりです。時計って色んな形と種類があるので、「腕につけるのが邪魔だ」という方は是非色々探してみてくださいね。


Tags:

 
 
 

コメントは停止中です。